安全第一 あらゆるリスクを除去したエロサイト

エロサイトの入会を検討してるユーザーにとって、一番重要視されるであろう安全性。

不安に怯えながらチ◯コを勃たせるなんて、AV男優でもない限り、普通はできません。だからこそ、トラブル事案皆無のアダルトサイトを紹介します。

今からリストアップするサイトは、決済事故発生ゼロ著作権侵害ゼロ個人情報漏洩事故ゼロと、工事現場の安全スローガンみたいな堅実運営を一貫してます。

まさに、貴方が何一つ不安を感じることなくエロを楽しむのに向いてる。

押さえるべき無修正動画サイトはこれだ!

国内メーカーと異なり、選ぶ自由がないジャンルゆえ、単体女優出演のアダルトビデオを見たいと思った場合、現在は4サイトしか選択肢がありません

よって、貴方の性癖にマッチングするか、よく熟考してください。

なお、リンク先で、各々のサイトについて詳しく記述してます。一般的な比較サイトや紹介サイトよりも掘り下げた内容になってますから、読むだけでも釣果に期待できるはず。

カリビアンコム

カリビアンコム

簡易案内

大物女優を起用した、俗に言う初裏動画を数多く手掛ける。万人受けする内容をメインに作品を制作するため、ほぼ、ソフトコアで統一されてるのが特徴。よって、貴方が不潔な描写を避けたいタイプの場合、真っ先に入会を検討すべきサイトになります。

カリビアンコムの詳細を読んでみる

一本道

一本道

簡易案内

カリビアンコムの姉妹サイト。作風も変わりません。唯一の差別化は巨乳女優作品の積極投入。貴方がおっぱい好きだったら、一本道のほうが都合が良い。リンク先で詳しく書いてますが、あとは、入会費の差額をどのように捉えるか次第です。

一本道の詳細を読んでみる

HEYZO

HEYZO

簡易案内

単体女優物で、一番、多様なコンテンツを楽しめる。あと、素人物や簡易的な企画物を積極的に導入するため、他3サイトに比べて飽きにくいのも特徴。作品によっては、若干アクの強さがでますが、それでも、トータルバランスに優れてるので、中級者ぐらいまでの欲求を満たせると思います。

HEYZOの詳細を読んでみる

TOKYO-HOT – 東京熱

TOKYO-HOT

簡易案内

無修正サイトきってのハードコア系コンテンツ。運営時期によって、主力コンテンツが変わってしまいますが、王道ザーメン演出、連続中出し演出、連続ハードピストン性交と、無修正動画の醍醐味である卑猥で生々しい描写と、国内メーカーの持ち味であるパフォーマンスで魅せるエロスの両立に期待できる。

TOKYO-HOTの詳細を読んでみる

新作=抜けるに直結しない

一般的な比較サイトで、まず、ベタ褒めされるサイトばかりなので、入会して間違いないだろうと認識されてる読者もいらっしゃることでしょう。

私は、嘘をつくのが嫌いなので、敢えて直球で書いてしまいますが、ハッキリ言って抜けません。

理由は、シンプル。自分の性癖にマッチングしないから。あと、カリビアンコムと一本道は、2012年以降の作品に全く期待できないから。

まだ、性癖にマッチングするしないは、所詮、価値観の問題ですから、特別問題視することでもありません。単純に私に合わないだけですから。

ただ、制作クオリティーの部分においては、少なからず、難色を示すユーザーが必ずでてくると思ってます。

特に、一般的な比較サイトや紹介サイトでは絶賛される、カリビアンコムと一本道に関しては、過度の期待はせずに入会してくれとしか言えない程度のレベルです。

好みに合えば儲けモン、合わなければ笑い話

これぐらいのスタンスで入会を検討してください。

安全性に関しては、一般的な旧作サイトに比べ、雲泥の差があるぐらい確固としたシステムを構築してるのは確かですが、いかんせん、肝心の作品までは気を配らず、容姿ありきの動画ばかり配信するため、多少なりとも、制作クオリティを意識するユーザーには合わないと断言してもいいぐらいです。

あくまでも、容姿ありきの作品しか配信しません。

必然ですが、貴方の価値観が、容姿>内容じゃないと実用に向きません。

安全性を取るか、抜け度を取るかの二者択一

正直なところ、海外向け動画サイトの場合、参入業者の数が限られる関係で、我々利用者には選ぶ自由がありません。

敢えて、直球で書くけど、安全性を優先してありきたりな動画で満足するか著作権侵害には目をつぶってでもエロくて抜ける動画を求めるかの二者択一しかないのが実情だったりします。

所詮は、利用者側のモラル次第ですから、著作権に絡む事も、治外法権でやり過ごせる算段でいてもいいと思います。

実際問題、国はアダルトビデオ(着エロ含む)の存在を認めてません。

モザイク処理の有無は関係なしに、そもそもグレーなんですね。

ですから、配信側と権利者側の訴訟問題があったとしても、我々利用者には何の損害も生じなかったりします。損害が生じるのは、個人利用に留めなかった場合のみです。

興ざめすること書いてしまってますが、こういう見解もあるんだよと、多少なりとも参考になさってくださいまし。